>

忙しい時は業者に任せるのが良い

参加する人数を把握しよう

せめて何人ぐらいが参加するのか、わかってから二次会代行業者に連絡してください。
人数を伝えていないと。どのくらい広さの会場を確保すれば良いのかわからなくなってしまいます。
たくさんの人が参加するのに、会場が狭いと困りますよね。
窮屈な状態では、ゆっくり楽しむことができないでしょう。

人数を初めに伝えることで、手頃な広さの会場を見つけてくれます。
早めに連絡するのは良いですが、人数が分かった状態で連絡してください。
ですから、早めに自分でも人数を把握しましょう。
急に人数が変わった場合は、その時点で連絡してください。
時間に余裕があれば、会場が決まっていたとしても変えてくれるかもしれません。
早く連絡するということが大事です。

会場の雰囲気を希望しよう

落ち着いたお店で楽しみたいのか、それとも賑やかな雰囲気のお店が良いのか希望があると思います。
それも、二次会代行業者に伝えなければいけないことです。
個室が良いのか、他のお客さんとの壁がなくても良いのかも重要なので伝えておきましょう。
さらに、食事に関する注意点もあります。
代行業者に依頼する食事の用意もしてくれますが、参加者の中にアレルギーを持っている人がいたら、その食材を使わない料理を出してもらいましょう。

事前に連絡していれば、きちんと対応してくれます。
しかし二次会の前日になって、急にこの食材は控えてほしいといっても間に合いません。
参加者のアレルギー確認は、早い段階で済ませておきましょう。
みんなが食べられる料理を出してもらってください。


この記事をシェアする